2018年を振り返る

やぷらすです。今年もお疲れ様です。いかがお過ごしだったでしょうか…みたいな感じで今年の自分を振り返ってみましょう。

 

 

主なイベント

独断と偏見によるチョイス。
  • 研究室に配属された(4月〜)

最近になってようやく研究室での過ごし方というか振る舞い方がわかってきた気がする。慣れるまでは結構辛かった。先生も他のメンバーもいい人ばかりで良い研究室に入れて良かったと思う一方で、自分の無能が申し訳なくなることもしばしば。

  • バイトをした(3月〜7月)

iPad Proが欲しくてバイトを始めたものの、東京勤務がキツかったり研究が忙しくなってきたりとか他の大学生バイトとの温度差とか色々あり、研究室の短期雇用がもらえることが決定打になって7月にやめた。楽しくはなかったけど社会勉強になったと思う。

  • 日記を書いた(4月〜8月)

SNS観がマックスになり個人的な日記をつけていたけど、精神衛生的にはあまり良い方向には作用しなかったように思える。意外と言葉を絞り出せるということがわかった。

  • SNS隠遁(1月,8月)

現状を見ればわかるようにSNS辞めるのに失敗した。成果としてはツイッターの通知を切るようになった。

  • 院試推薦(7月)

なかなかインターンに行けず就職を諦めていたこともあり、「成績良いから推薦あげるよ」というメールがあったのでホイホイ受験。私服で行こうとしたらみんなスーツ着てきてびっくりしてしまった。面接で若干ボロを出すものの無事合格。あと二年間つくばのお世話になります。

  • 卒業研究(4月〜)

6月くらいまでは何をすればいいのか全く理解できなくて右往左往していた。テーマが決まってきたのが9月くらいで、実装に手をつけられたのが10月、11月の間にほとんどの実装が終わって、12月現在は実装のバグ取りと卒論を書き始めている。ときどき自分のやってることの意味がわからなくなって絶望的な感情になっていたけど、案外周りもそんな感じという状況を理解してからはのんびりとやっていた。ここから先何もないといいけど…頼む。

 

出張

はじめて旅行以外の出張があった。しかも二回!
  • 熊本出張(7〜8月)

先輩の研究会についていっただけだが、人生で初めて東横インに泊まったり経費の請求をしたり印象深いイベントだった。導かれるように入ったアーケード街のお好み焼き屋さんのお店が思いの外美味しかったのが良い思い出。

詳細については書けないものの、京都のゲーム会社に1Dayインターンをした。参加に際して色々な思いはあったが、行けて良かったと思う。京都も良い街だったし、もう少しゆっくりしていきたかった。また京都に行くことができれば嬉しい。

 

買ったもの

主に今年の一万円以上の買い物をまとめた。とはいえこれだけということはないだろうし忘れてそう。
  • iPad Pro 10.5"(3月)

約8万円。念願のiPad Proを買った。現在もイラストがすごく捗っているし、これ以上なく快適なデバイスなのでイラストを描かない言い訳がしづらくなった。今年買って良かったものランキング1位。

480円/月。正確には買ったものじゃないんだけど、買ったものと同じくらいQOLが爆上げしたので、一応書いておくべきかなと思った。学生プランだと480円なのがありがたい。気に入った曲はすぐライブラリに追加できるし、その時の気分にあったプレイリストを適当に再生できるし、契約してからTSUTAYAに行っていない。入って良かったと思うけど、音源のマッチングとかの問題がなかったわけではない。

  • HHKB Pro JP(7月)

約3万円。静電容量無接点方式がみんな良いっていうから買った。結果からいえば失敗だったと思う。Macのペチペチキーボードに慣れてしまっていることに気づいたため、Magic Keyboardを買い直した。

  • Magic Trackpad 2(7月)

約1万円。面積が広く充電式なのが良い。バッテリーも長持ちだし、有線接続もできる。Macポインティングデバイスを探しているなら間違いなくこれで決まりでしょう。

約13万円。バイトと短期雇用の貯金を叩いた。XRでも良かったんじゃないかと少し思っているが、やっぱりXSは値段の分だけ良いスマートフォンだと思う。

  • Magic Keyboard(10月)

約1万円。薄いキーに慣れていたのは先述の通りだが、ファンクションキーや同期などやっぱりMacとの相性はこちらの方がいい。充電もめちゃくちゃ保つ。HHKBは研究室に置くことにした。

約2万円。モノ音源は聞いたことなかったから未知のサージェントペパーズに衝撃。Apple Musicの音源マッチングとの相性が良くないのが難点。

  • U2718Q(12月)

約5万円。研究室で支給されたディスプレイがこれで、そのデザインと画面の鮮明さにすっかり参ってしまった。いつか買おう買おうと思っていたところで、サイバーマンデーセールで4万8千円だったことがトドメとなり購入。Thunderbolt 3に対応してないのが惜しいが、良い買い物だったと思う。

 

イラストダイジェスト

全部見たい方は https://twitter.com/i/moments/952911943383138311 へどうぞ。

 

 
昔の絵のリメイクのつもりで描いたもの。アイコンにしても映える。低コストでバランスよく描けたと思うのでお気に入り。

 

 
これいいよね。

 

 
iPad Proで試し書きしてた時のタイムラプス動画。これはうまくいった例であってこんなにすんなりと絵は出てこないことがほとんどだったり。

 

 
iPad Proで初めて描いたココアさん。顔とか画風がよく変わるのはご愛嬌。

 

 
iPad Proを買って良かったと思うのはこういうネタ絵を描くときの、ペイントソフトを立ち上げる心理的なハードの低さにあると思うんだよね。

 

 
今年一年間はProcreateのブラシやペンの細さを厳選していた気がする。これはiPad Creatorさんで配布してたブラシで描いた絵で、現在のメインブラシはそのブラシを改変したものを使っている。

 

 
熊本の出張で同期と相部屋をしていて、その同期が部屋の机でゼミ資料を作りたいというので、一人東横インのロビーで描いていた絵。この頃は時期的にもデリケートで無気力だったこともあって雑多とした絵が多い。色をつけたおかげで結構伸びた。

 

 
数時間かけた割に伸びなかったやつ。さっきの絵とは真逆。描いてる最中もツイッターに上げた後もえっちな絵向いてないな〜とか思った。

 

 
1時間くらいで描いた割に伸びたやつ。ツイッターの絵の伸び方は結構運だと思う(そう考えた方が気が楽である)んだけど、これは構図が良かったのかな。

 

 
今年描いた絵の中でもかなりお気に入り。トランプもチノちゃんも上手く描けたと思う。チノちゃんの顔がいいよね。

 

 
ゆるキャン△全巻読み直して昂ぶった感情をぶつけた割にこじんまりとしてしまった印象。構図にアイデアを入れられたから個人的にはお気に入り。

 

 
直近の絵。実験的なことは一切しないで、いつもの調子でやった。そういうわけですんなり描けた。

 

判子絵のアイコンは描くのを意図的に避けてたのもあるけど全然描いていない。
iPad Proの導入で劇的に絵を描くスタイルが変わったと思う。クリスタもやめてProcreateに以降したし、資料を見ることが多くなったし、結果的に投稿枚数も増えた。良い傾向だと思う。

 

2018年を振り返って

基本的に暇だったが、時間があるだけ良くないことばかり考えて精神を悪くしていたと思う。適度に忙しくなってきたらそういうのもなくなってきたので、やっぱりある程度張り合いのある生活しないとダメだなあというのが今年最大の学びだった。

振り返っていたら来年やりたいことも書き出したくなってきたので、次のブログの更新は抱負を書くことになりそう。
今年も多くの方々にお世話になりました。みなさん良いお年を。